FXオシレーターのMACD設定、使い方、見方を動画解説

MACD

 

FXで代表的な
オシレーターのテクニカル指標

 

 

MACD

 

 

RSIと同じ位置で
初心者に人気のある指標である!

 

 

僕にとっては
RSIと同じく邪念で使えない!

 

 

安定したパフォーマンス
自分のストレスを排除する

 

 

手助けをしてくれませんし
完全に僕にとっては

 

 

NOでありトレードする時の雑音となる!

 

 

しかし、邪念と言っても
これは僕に限った話で

 

 

あなたには
最高のパートナーとなるかもしれない

 

 

それは、実際に使ってみないと
全く分からないので

 

 

トレードルールを確立し
集中してブレないためにも

 

 

MACDで取引する必要がある!

 

 

MACDの使い方と設定値

 

 

基本の設定値

 

長期26、短期12、MACD9

 

 

設定する時間足は

 

日足、8時間、4時間、1時間
15分、10分、5分

 

 

他の指標は使わず
MACDだけにして取引をする!

 

 

FXオシレーターのMACD設定、使い方、見方を動画解説

 

 

MACDはチャートの下に
表示されます!

 

 

それでは、概念と取り引きのポイント!

 

 

基本的な概念はRSIと同じで

 

 

10%にきたら買いのシグナル
90%にきたら売りのシグナル

 

 

更にそのラインで

 

 

ゴールデンクロス
デッドクロス

 

 

したらエントリー

 

 

サンプルチャートで確認
下の図のようになり

 

 

MACDがデッドクロスで
売りでエントリーし

 

 

ゴールデンクロスで
買い戻しの決済

 

 

FXオシレーターのMACD設定、使い方、見方を動画解説

 

 

いかがでしょうか?

 

 

後は実践して
自分に適した指標であるのか

 

 

MACDの世界を
体で感じる必要がある!

 

 

そして、感じたこと考えたことを
ノートに書き出すと整理され

 

 

データーの比較
自分を客観視できて

 

 

より早い段階で腑に落ちる!

 

 

FXオシレーターのMACD設定、使い方、見方を動画解説

 

 

まとめ

 

 

MACD

 

長期26、短期12、MACD9

 

 

10%にきたら買い優位
90%にきたら売り優位

 

 

更にそのラインで

 

 

ゴールデンクロス
デッドクロス

 

を確認してエントリーをする!

 

 

FXオシレーターのMACD設定、使い方、見方を動画解説

 

 

実際でしか身にならい
頑張って参りましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ステップアップ式で身につく

己のトレードスタイル構築法